· PHP Vagrant

VagrantでPHP開発環境構築方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

vagrantのインストール

参考サイト

http://qiita.com/inouet@github/items/b36638adc2b5772db457

1.vagrantインストール 2.VirtualBox を公式サイトからインストール ※VirtualBoxはインストール済みの為、ここでは作業してない

3.Boxの追加

vagrant box add centos64 http://developer.nrel.gov/downloads/vagrant-boxes/CentOS-6.4-x86_64-v20130731.box

4.仮想マシンを作る

$ mkdir -p ~/Vagrant/CentOS64
$ cd ~/Vagrant/CentOS64
$ vagrant init centos64

5.仮想マシンを起動する

$ vagrant up

6.仮想マシンへ接続

$ vagrant ssh

7.ネットワークの設定

$ vim Vagrantfile
# config.vm.network :private_network, ip: "192.168.33.10"
 ↑ ここのコメントアウトを削除

8.vagrant のリロード

$ vagrant reload

これで、192.168.33.10 というIPでアクセスできる

9.cent os6からは下記をいれておくと何か早くなる設定

sudo vi /etc/resolv.conf 
options single-request-reopen

10.ファイアーウォールを切る ローカルの開発環境なので、必要がないため。

$ sudo service iptables stop

再起動したときに有効にならないようにする

$ sudo chkconfig iptables off

Webサーバーが入っているか確認

$ yum list installed  |grep httpd

入っていないので、インストール

$ sudo yum install -y httpd

Webサーバを立ち上げる

$ sudo service httpd start

OSを再起動した後も立ち上がるように設定する

$ sudo chkconfig httpd on

Webサーバーが立ち上がっているかブラウザで確認する

デフォルトのIPアドレスhttp://192.168.33.10/にアクセスしてApacheが見えたらOK

FTPファイル転送ツールを使いたい。

vagrantユーザーでアクセスできるようにしたい

$ sudo chown -R vagrant:vagrant /var/www/html/

くわしくはこちら

[http://dotinstall.com/lessons/basic_local_development_v2/24805][1]

Hostsファイルを編集することで、IPアドレスを文字で表せるようにする

Hosterというツールを使った

セット名:hoge

ホスト名:dev.hoge.com

IPアドレス:192.168.33.10

有効化する

PhpStormからサーバーに接続

Tools > Deployment > ConfigrationからSFTPの設定をして、

Tools > Deployment > Browse Remote Hostとすると、

右側にサーバー側のツリーが表示される。

PHPをインストール

$ yum info php

versionが最新ではないので、epelとremiをインストールする

wget http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm
wget http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm
sudo rpm -Uvh epel-release-6-8.noarch.rpm
sudo rpm -Uvh remi-release-6.rpm

epelの設定

sudo vi /etc/yum.repos.d/epel.repo
enable=1→0に変更

これでphpの最新バージョンがインストールできるとこを確認

yum info --enablerepo=remi php 

PHPインストール

ようやくphpのインストール(phpに関連するものも)

sudo yum --enablerepo=remi install -y php php-devel php-mysql php-mbstring php-gd

php.iniの設定

sudo vi /etc/php.ini

・error_logを追加

error_log = /var/log/php.log 

・mbstringのlanguageをJapanseで有効化

;mbstring.language = Japanese
mbstring.language = Japanese

・internalをUTF-8に変更と有効化

;mbstring.internal_encoding = EUC-JP
mbstring.internal_encoding = UTF-8

・http_inputはautoで有効化

;mbstring.http_input = auto
mbstring.http_input = auto

・detect_orderはautoで有効化

;mbstring.detect_order = auto
mbstring.detect_order = auto

・expose_php = OnをOffに

expose_php = On
expose_php = Off

・timezoneをAsia/Tokyoにして有効化

;date.timezone = 
date.timezone = Asia/Tokyo

以上の設定を有効にするには、httpdを再起動する

sudo service httpd restart

MySQLをインストール

$ sudo yum install -y --enablerepo=remi mysql-server

設定

$ sudo vi /etc/my.cnf
[mysqld]
datadir=/var/lib/mysql
socket=/var/lib/mysql/mysql.sock

#下の部分を追加
character_set_server=utf8
default-storage-engine=InnoDB
innodb_file_per_table
[mysql]
default-character-set=utf8
[mysqldump]
default-character-set=utf8

MySQLを起動

$ sudo service mysqld start

mysqld起動時にfailedして、/var/log/mysqld.logに下記が出ていたら

140706  7:06:08 [Note] Plugin 'FEDERATED' is disabled.
/usr/libexec/mysqld: Table 'mysql.plugin' doesn't exist
140706  7:06:08 [ERROR] Can't open the mysql.plugin table. Please run mysql_upgrade to create it.
$ sudo mysql_install_db

を実行する

これで立ち上がるが、いろいろ設定する必要がある(書いてある)

$ /usr/bin/mysql_secure_installation

を実行する

Enter current password for root (enter for none):enter
Set root password? [Y/n] Y
パスワードを適当に設定
そのほかの設定はデフォルトのEnterで。

再起動時もスタートするように設定

$ sudo chkconfig mysqld on

確認

$ mysql -u root -p

さっき設定したパスワード

Server version: 5.5.36 MySQL Community Server (GPL) by Remi

と5.5がインストールされていることを確認

cakephpからMySQLを使えるように設定する

データベースを作成する

$ mysql -u root -p
mysql> create database dev_cakephp;
mysql> grant all on dev_cakephp.* to dbuser@localhost identified by 'xxxxxxxxxx';

これらの設定でcakephpを設定する

% cd app/Config/
% cp database.php.default database.php

以下のlogin,password,databaseを変更する。

class DATABASE_CONFIG {

	public $default = array(
		'datasource' => 'Database/Mysql',
		'persistent' => false,
		'host' => 'localhost',
		'login' => 'dbuser',
		'password' => 'xxxxxxxxxx',
		'database' => 'dev_cakephp',
		'prefix' => '',
		//'encoding' => 'utf8',
	);

DocumentRootにアップロードしたら、ブラウザを更新し、

CakePHP is able to connect to the database.

となったらOK。

[1]: http://dotinstall.com/lessons/basic_local_development_v2/24805

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LinkedIn
  • Tumblr
  • Reddit
  • Google+
  • Pinterest
  • Pocket