· Android 日記

Google I/O報告会 2015 参加メモ #devfest

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Google I/O報告会 2015(会場:サイバーエージェント(渋谷マークシティ13F)に行ってきました。

アジェンダが公開されてた

全体の流れメモ

全体

DevFestの歴史

2各会場の紹介

Keynote Androidはぬいて説明

会場MosconeWest

派手さな感じで楽しかった

すっごい寒かった

8回目SF

セッション数がヘリ、コミュニケーション重要視

Androidの話題が多い、デザイン多い

クラウド少ない→別のイベントになるんじゃないかと予想

Lobby公園のような感じ

コミュニケーションできるような。充電ステーションでみんあが集まて会話が生まれる感じ

exiii $300

おみやげはメインでなく、コミュニケーションメイン

キーノートはいま使える現実的な物。

DESIGN to DE$IGN デザインはビジネス

Android

M developer previewの略?w

指紋認証 Fingerprint

サンプルは github google

全データはデフォルトでバックアップされる

細かくも設定できる。

Doze

しばらくさわってない端末はdozeモード へ

App stanby

しばらくさわっていないアプリはidleモード

※しばらくはどれくらい?はわからない。

Icons in Notifications:Icon.createWidthBitmapで生成できる

Textの範囲指定

App Links

フラッシュだけを使うことがカメラを使わずにできるようになった。

AlphaOptimaization

MIDIのAPI追加

ストレージ

ART:runtime stats

Ambient Mode

App Invite

App Indexing

Android Wear

Materialデザイン

EmptyState

MaterialShowcase

各APIのFrameworkがCocoaPodsに対応

pod try

Maps

Materialデザイン

ブランディング

東京会場でのセッション2つ

Polymerの話は別記事にする予定なので、以下は、マテリアルデザインについてのメモ。

マテリアルデザインってグーグルっぽくなるけど、どうしたらいいん?

material design libraryの使い方

Google 公式のAndroid Blogよりも下のほうがわかりやすいらしい。

Exploring the new Android Design Support Library — ribot labs — Medium

ちなみにGoogleもMediumを使い始めているらしい

https://medium.com/google-developers

いちばん印象的だったこと

やはり、この質問がいちばん記憶にあるし、大事なことだとおもう。

Q「マテリアルデザインを使うとGoogleっぽくなるのでは?」

A.ガイドラインはガイドラインであって必ずそうしなければならないということはない。

GoogleはAnnouncing the Material Design Showcase and Awards | Android Developers Blogを実施したが、必ずガイドラインに沿わなければならないということはないということを示したかったため実施したとのこと。

特にPocket Androidアプリ, Tumbler Androidアプリのアプリを見ればわかるとのこと。

Tumbler使用者からすると、FAB(Floating Action Button)が出てくるまでマテリアルデザインだと気づかなかったという。

Twitterの#devfest

https://twitter.com/hashtag/devfest?src=hash&vertical=default&f=tweets

[4]: https://www.materialup.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LinkedIn
  • Tumblr
  • Reddit
  • Google+
  • Pinterest
  • Pocket