Navigation Architecture Component

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

これは、Navigation Codelabをやりながら、Implement navigation with the Navigation Architecture Componentも読みつつ、わからないことだったり、気づいたことをメモしていってる内容です。

Navigation Architecture Component はアプリのナビゲーションの実装をシンプルにします。 行き先はアプリ内の特定の画面です。デフォルトでは、Navigation Architecture Componentは遷移先としてSupport FragmentとActivityを含みますが、

setup

// Navigation
implementation 'android.arch.navigation:navigation-fragment:' + rootProject.navigationVersion
implementation 'android.arch.navigation:navigation-ui:' + rootProject.navigationVersion

Destinations

Destinationは、ユーザーが遷移可能な場所です。 プログラム的に、そして、オススメの方法に従えば、Destinationは通常はfragmentです。Activityもdestinationにできます。Navigationはfragmentとactivityの両方をサポートしていますが、必要ならカスタムdestination typeを作ることもできます。

Navigation Graphは、Destinationから別のDestinationに遷移するのを視覚的に表現するものです。 Navigation graphは新しいリソースの種類で、ユーザーが取りうる全てのパスを定義します。 Android StudioはNavigation Editorを使ってビジュアル的に表示してくれます。

Navigation Editorを使うには、resディレクトリにnavigationディレクトリを作成し、その中に、適当なファイル名で、リソースタイプをNavigationにしたリソースファイルを作成します。

上図のようにDesignタブがあるので、Designタブに切り替えるとNavigation Editorが使えます。

ちなみに、GradleのSyncに失敗すると、表示されませんので、ご注意ください。

Navigation Codelabのコードだと、下図のようになっています。

このNavigation Graphは利用可能なDestinationを表示しています。 destination間のラインは`action`と呼ばれます。 Destinationをクリックすると、そのプロパティを確認することができます。

action(矢印部分)をクリックすると、actionのプロパティを確認することができます。

Navigation Editorで行った全ての変更は、もとになるXMLを変更します。 それは、レイアウトエディタを使ってレイアウトXMLを変更するのと同じです。

ちなみに、Destinationを移動すると、`.idea/navEditor.xmlが変更されます。

iff --git a/.idea/navEditor.xml b/.idea/navEditor.xml
index a96811f..e2dfca8 100644
--- a/.idea/navEditor.xml
+++ b/.idea/navEditor.xml
@@ -46,8 +46,8 @@
                       <LayoutPositions>
                         <option name="myPosition">
                           <Point>
-                            <option name="x" value="610" />
-                            <option name="y" value="-47" />
+                            <option name="x" value="640" />
+                            <option name="y" value="-55" />
                           </Point>
                         </option>
                         <option name="myPositions">

Navigation GraphのXMLは次のようになっています。

<navigation xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
            xmlns:app="http://schemas.android.com/apk/res-auto"
            xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
            app:startDestination="@id/launcher_home">

    <fragment
            android:id="@+id/launcher_home"
            android:name="com.example.android.codelabs.navigation.MainFragment"
            android:label="@string/home"
            tools:layout="@layout/main_fragment">

    <!-- ...tags for fragments and activities here -->

</navigation>

Fragment DestinationのXMLを見てみます。

    <fragment
        android:id="@+id/flow_step_one"
        android:name="com.example.android.codelabs.navigation.FlowStepOneFragment"
        tools:layout="@layout/flow_step_one_fragment">

        <argument
            .../>

        <action
            android:id="@+id/next_action"
            app:destination="@+id/flow_step_second"/>
    </fragment>

Destinationを追加する

Navigation Editorから追加できます。

すでにFragmentやActivityクラスがあれば、選択候補に出てきますのでそれらを選択でき、 なければ、Create blank destinationをクリックすると、Fragmentを作成するダイアログが表示され、Fragmentをその場で作成することができます。

Navigation ComponentはNavigationの原則に従っています。 この原則は、Bottom Navigationのようなグローバルナビゲーションがあるアプリに対してのエントリポイントとしてActivityを使うことを勧めていて、Fragmentは実際の遷移先になります。

このように動かすためには、Activityのレイアウトを、NavHostFragmentと呼ばれる特別なウィジェットに変更する必要があります。 NavHostFragmentは、Navigation Graphで遷移するときに、異なるFragmentの遷移先を入れ替えるためのウィジェットです。コンテナの役割をします。

activity layout

<LinearLayout
    ...
    />
    <android.support.v7.widget.Toolbar
        ...
    />
    <fragment
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="0dp"
        android:layout_weight="1"
        android:id="@+id/my_nav_host_fragment"
        android:name="androidx.navigation.fragment.NavHostFragment"
        app:navGraph="@navigation/mobile_navigation"
        app:defaultNavHost="true"
        />
    <android.support.design.widget.BottomNavigationView
    ...
    />
</LinearLayout>

Activityは、アクティビティレイアウトに追加されているNavHostインターフェイスの実装を通して、アプリのナビゲーションをホストします。 NavHostは空のViewですが、ユーザーがアプリを遷移するときにDestinationが入れ替えられます。

Navigation Architecture ComponentのデフォルトのNavHostの実装はNavHostFragmentです。

NavHostを含めた後、navGraphアトリビュートを使ってNavHostFragmentとnavigation graphを関連付けなければなりません。

app:defaultNavHost="true"アトリビュートは、NavHostFragmentがシステムのバックボタンをフックすること保証します。または、 AppCompatActivity.onSupportNavigateUp()をoverrideし、NavController.navigateUpを呼ぶことも出来ます。

override fun onSupportNavigateUp()
        = findNavController(R.id.nav_host_fragment).navigateUp()

DestinationをUIと結びつける

ボタンをクリックしたとき、navigateコマンドを呼ぶ必要があります。NavControllerと呼ばれる特別なクラスが、NavHostFragmentで入れ替えるすべてのFragmentを実際のトリガーとなります。

val navController = v.findNavController()
navController.navigate(R.id.settings)

上記は、navigateメソッドにIDを指定してますが、これはNavigation GraphのXMLで定義されているものです。

destinationに遷移するのは、NavControllerクラスを使って実現します。NavControllerは、次のstaticメソッドのどれかを使って取得することができます。

ちなみにどうやって探しているかは、 まず、 NavHostFragmentのonViewCreatedでViewGroup(FrameLayout)にkeyが nav_controller_view_tagのNavControllerのタグをセットしていて、

view.setTag(R.id.nav_controller_view_tag, navController);

findNavControllerでnav_controller_view_tagのタグを取得しNavControllerでなければ親Viewに対して同じことをして探しています。見つからなければ、nullになります。

Object tag = view.getTag(R.id.nav_controller_view_tag);

そうやって探したNavControllerを取得後、destinationに遷移するために、navigate()メソッドを使います。navigate()メソッドはリソースIDを取ります。そのIDは、navigation graphの特定のDestinationのIDか、actionのIDになります。 特定のDestinationのIDの代わりにactionのIDを使うと、ナビゲーションにトランジションを関連付けることができるような利点があります。

下記はviewTransactionsActionへの遷移方法の例です。action IDを指定しています。

viewTransactionsButton.setOnClickListener { view ->
   view.findNavController().navigate(R.id.viewTransactionsAction)
}

Androidシステムは、最後に訪れたDestinationを含むバックスタックを維持しています。 ユーザーがアプリを開いたとき、アプリの最初のDestinationがスタックに積まれます。 navigate()メソッドを呼び出す度に、他のDestinationがスタックの一番上に積まれていきます。 逆に、 NavController.navigateUp()NavController.popBackStack() メソッド呼んでUpやBackボタンを押すと、スタックの上のDestinationがポップされます。

Destinationに遷移するために、NavigationクラスのcreateNavigateOnClickListener()という便利なメソッドを使う事もできます。

OnClickListenerのonClickでNavControllerを探して、navigateするだけで、

viewTransactionsButton.setOnClickListener { view ->
   view.findNavController().navigate(R.id.viewTransactionsAction)
}

これとやってることは同じです。

メニューとDestinationを紐づける

Navigation Drawerやメニューから遷移するには、Navigation GraphのXMLのDestinationのidとメニューのidを同じにすることで実現できます。 Navigation GraphとMenuの紐づけはこのようにします。

val navigationView = findViewById(R.id.nav_view)
NavigationUI.setupWithNavController(navigationView, navController)

navigation-ui-ktxを使っている場合は、次のようになります。

val navigationView = findViewById(R.id.nav_view)
navigationView.setupWithNavController(navController)

Codelabの説明では、デフォルトでトランジションアニメーションはしないと書かれてありますが、実際には navigation-ui:1.0.0-alpha01のバージョンで、アニメーションします。Frgamentが表示されるときは、alphaが0->1にFragmentが非表示になるときは、alphaが1->0になるようなアニメーションです。

このアニメーションをNavOptionsを使って変更することができます。NavOptionsを生成するにはBuilderパターンで生成し、上書きしたいアニメーションをセットします。生成したNavOptionsNavControllernavigateメソッドの引数に渡します。

val options = NavOptions.Builder()
    .setEnterAnim(R.anim.slide_in_right)
    .setExitAnim(R.anim.slide_out_left)
    .setPopEnterAnim(R.anim.slide_in_left)
    .setPopExitAnim(R.anim.slide_out_right)
    .build()

view.findViewById<Button>(R.id.navigate_dest_bt)?.setOnClickListener {
    findNavController(it).navigate(R.id.flow_step_one, null, options)
}

画面遷移にactionを使う

矢印のところがActionです。

Actionを使用すると、 Navigation Graphで、アプリのすべての遷移を見ることができます。 また、特定の遷移先を指定する代わりに、Actionを指定することで、遷移できます。

たとえば、”next_action”と呼ぶ、別の画面に遷移するアクションを定義できます。

<fragment
    android:id="@+id/launcher_home"
    android:name="com.example.android.codelabs.navigation.MainFragment">
    <action
        android:id="@+id/next_action"
        app:destination="@+id/flow_step_one" />
</fragment>
<fragment
    android:id="@+id/flow_step_one"
    android:name="com.example.android.codelabs.navigation.FlowStepFragment">
    <action
        android:id="@+id/next_action"
        app:destination="@+id/flow_step_two"/>
</fragment>

<fragment
    android:id="@+id/flow_step_two"
    android:name="com.example.android.codelabs.navigation.FlowStepFragment">
    <action
        android:id="@+id/next_action"
        app:popUpTo="@id/launcher_home"/>
</fragment>

アクションは、それぞれに属している遷移先のスコープになるため、異なる遷移先でも1つのアクションで振る舞いを変更できます。

アクションを使って遷移するには、まずNavigation Editorで、遷移元から遷移先にドラッグ&ドロップでアクションを作成し、 navigateメソッドのいままで遷移先IDを指定していたところをactionのIDに変更するだけです。

view.findViewById<Button>(R.id.navigate_action_bt)?.setOnClickListener(
    Navigation.createNavigateOnClickListener(R.id.next_action, null)
)

Actionにはトランジションアニメーションも設定できます。これで、プログラム側でNavOptionsを使わなくてもXMLで設定できるので、プログラムがシンプルになります。

Navigation GraphのXMLをみると、次のようなイメージになります。

<fragment android:id="@+id/launcher_home"...>
        
        <action android:id="@+id/next_action"
            app:destination="@+id/flow_step_one"
            app:enterAnim="@anim/slide_in_right"
            app:exitAnim="@anim/slide_out_left"
            app:popEnterAnim="@anim/slide_in_left"
            app:popExitAnim="@anim/slide_out_right" />

Destination間のデータの渡し方

Desitination間でのデータの渡し方には2通りあります。 1つはBundleオブジェクトを使う方法と、safeargs Gradleプラグインを使う方法です。プラグインを使うほうが硬安全に渡せます。

Bundleオブジェクトでデータを渡す

Navigation Editorで、データが渡される側のDestinationを選択して、AttributesのArgumentのプラス記号をクリックします。

Bundleのkeyとなるnameやデフォルト値を入力します。

XMLでは次のようになります。

<fragment
   android:id="@+id/confirmationFragment"
   android:name="com.example.cashdog.cashdog.ConfirmationFragment"
   android:label="fragment_confirmation"
   tools:layout="@layout/fragment_confirmation">
   <argument android:name="amount" android:defaultValue=”0” />

データを渡す方のFragmentに次のように書きます。

val bundle = Bundle().apply { putInt("amount", amount) }
view.findNavController().navigate(R.id.confirmationAction, bundle)

データを受け取る側のFragmentでいままでのようにgetArguments()を使ってargumentを取得し、同じkeyでデータを取り出します。

arguments?.getString("amount")

型安全にデータを受け渡す

Navigation Architecture Componentは、safe argsと呼ぶGradleプラグインも提供しています。

これは、次のようなコードを取り除くためのものです。

arguments?.getString("amount")

プロジェクトトップのbuild.gradleに

classpath 'android.arch.navigation:navigation-safe-args-gradle-plugin:1.0.0-alpha01'

を記述して

app/build.gradleに androidx.navigation.safeargsを記述します。

apply plugin: 'com.android.application'
apply plugin: 'androidx.navigation.safeargs'
<fragment
    android:id="@+id/flow_step_one"
    android:name="com.example.android.codelabs.navigation.FlowStepFragment"
    tools:layout="@layout/flow_step_one_fragment">
 <argument
     android:name="step"
     app:type="integer"
     android:defaultValue="1"/>
</fragment>

safeargsプラグインを使用すると、上記のようなargumntがある場合、FlowStepFragmentArgsクラスが自動生成されます。 android:name="step"と指定されているので、FlowStepFragmentArgsクラスは、get/set可能なstep変数を持っています。

val step = arguments?.let {
    FlowStepFragmentArgs.fromBundle(it).step
}

データを渡す側も自動生成されたクラスを使うことができます。

actionをもつDestinaitionのクラス名にDirectionsが付いたクラスが生成されます

<fragment
    android:id="@+id/launcher_home"
    android:name="com.example.android.codelabs.navigation.MainFragment"
    android:label="@string/home"
    tools:layout="@layout/main_fragment">

    <action
        android:id="@+id/next_action"
        app:destination="@id/flow_step_one"
        app:enterAnim="@anim/slide_in_right"
        app:exitAnim="@anim/slide_out_left"
        app:popEnterAnim="@anim/slide_in_left"
        app:popExitAnim="@anim/slide_out_right" />
</fragment>

たとえば、上記のような場合、MainFragmentDirectionsが自動生成されます。

app:destination="@id/flow_step_one"となっていて、flow_step_oneのDestinationをみると

<fragment
    android:id="@+id/flow_step_one"
    android:name="com.example.android.codelabs.navigation.FlowStepFragment"
    tools:layout="@layout/flow_step_one_fragment">
 <argument
     android:name="step"
     app:type="integer"
     android:defaultValue="1"/>
</fragment>

でした。stepというargumentがあるので、MainFragmentDirectionsには、step変数を持っています。

view.findViewById<Button>(R.id.navigate_dest_bt)?.setOnClickListener {
    val navDirections = MainFragmentDirections.next_action().setStep(1)
    findNavController(it).navigate(navDirections, options)
}

一連のDestinaitionをサブグラフとしてグループ化できます。そのサブグラフをNested Graphと呼び、それを含んでいるグラフをroot graphといいます。Nested Graphは、別れたログイン画面のようなアプリの画面を再利用したり、整理するのに役に立ちます。

Nested graphを作成するには、DestinationをShift押しながら選択し、Context menuから作成します。

nested graphにもidを割り当てるので、そのidを使用して、navigateします。 actionを使ってnavigateしている場合は、特に変更の必要は無いかと思います。

ディープリンクを作成する

Deeplinkを追加するには、Navigation Graphで Deeplinkから遷移したいDestinationを選択し、AttributeのDeep LinksでURLを追加します。

<fragment
    android:id="@+id/android"
    android:name="com.example.android.codelabs.navigation.DeepLinkFragment"
    android:label="@string/deeplink"
    tools:layout="@layout/deeplink_fragment">

    <argument
        android:name="myarg"
        android:defaultValue="Android!"/>
    <deepLink app:uri="www.example.com/{myarg}"/>
    
</fragment>

次にAndroidManifest.xmlのActivityに<nav-graph android:value="@navigation/mobile_navigation"/>を追加します。

<activity
   android:name=".MainActivity">
   <intent-filter>
       <action android:name="android.intent.action.MAIN"/>
       <category android:name="android.intent.category.DEFAULT"/>
       <category android:name="android.intent.category.LAUNCHER" />
   </intent-filter>
   <nav-graph android:value="@navigation/mobile_navigation"/>
</activity>

確認するには、ターミナルでadb shellのamコマンドで確認できます。アプリが立ち上がり、Deep Linkを設定したDestinationに遷移することが確認できます。

% adb shell am start -W -a android.intent.action.VIEW -d "https://www.example.com/abcd/" com.example.android.codelabs.navigation

参考

Pagingライブラリソース https://android.googlesource.com/platform/frameworks/support/+/master/paging/common/src/main/java/android/arch/paging/PagedList.java

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LinkedIn
  • Tumblr
  • Reddit
  • Google+
  • Pinterest
  • Pocket