· FCM topic

Firebase Cloud Messaging(FCM)のトピックについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Firebase Cloud Messaging(FCM)はTopicをSubscribeすることができて、サーバーはそのSubscribeしたTopicに対して送信することができます。

複数のTopicをSubscribeすることができるのですが、複数のTopicに対して送信するにはconditionを使うことができます。これはドキュメントに記載してあり、引用すると、

“condition”: “‘dogs’ in topics || ‘cats’ in topics”,

このように、dogsトピックを購読しているかcatsトピックを購読している端末に送信することができます。

では、たとえばanimalトピックを購読している端末には送信したいんだけど、dogsトピックを購読している端末には送信したくない場合はどのようにするか。

次のようにすることができます。

“condition”: “‘animal’ in topics && !(‘dogs’ in topics)“,

これはドキュメントに記載してあります。

ちょっとハマったのが変数の使い方です。結論からいうとシングルクォートが必要だったのですが、

const condition = `\'${animal}\' in topics`

animalが変数とした場合、このようにすればOKでした。

どのTopicを購読しているかを知りたい

どのtopicをsubscribeしているかを確認するには、下記のエンドポイントを使います。

https://iid.googleapis.com/iid/info/IID_TOKEN

ドキュメントはこちらです。

以下はサンプルのリクエストとレスポンスです。

curl -H "Authorization: key=<Server Key>" https://iid.googleapis.com/iid/info/<registration_token>?details=true
{
  "applicationVersion": "1",
  "connectDate": "2018-08-03",
  "attestStatus": "NOT_ROOTED",
  "application": "<application id>",
  "scope": "*",
  "authorizedEntity": "xxxxxxxxxxxx",
  "rel": {
    "topics": {
      "topic1": {
        "addDate": "2018-08-02"
      },
      "topic2": {
        "addDate": "2018-08-01"
      },
      "topic13": {
        "addDate": "2018-08-01"
      }
    }
  },
  "connectionType": "WIFI",
  "appSigner": "d9xxxxxxx",
  "platform": "ANDROID"
}
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LinkedIn
  • Tumblr
  • Reddit
  • Google+
  • Pinterest
  • Pocket